読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流れるように流れない

イラストレーターます子の、考えたこと、気づいたこと

VJ(visual jockey)をはじめたよ

f:id:mascottie:20130409112031j:plain

いつの間にやらクラブに遊びに行くようになりました。
それまでは何となくこわそうだなーというイメージを持っていたので、
まさか自分がクラブに通うようになるとは…
しかもDJ巻き込んでイベントやるようになるとは…
L.O.Gっていうイベントをやってます。4/20ライブペインティングするよ!)
人生なにが起こるかわからないもんです。

ということであちこち行っていたとき、
1月にとあるイベントで音に合わせてカッコイイ映像が流れているのを発見。
こういうのおもしろそう!と一緒にイベントをやってる仲間に言ったら、
音に合わせて映像を流す、VJという人たちがいることを初めて知りました。

ワクワクしてツイートしたり、人に言ったりしていたら
あっという間に「じゃあ来月やってみなよ!」ということになり(!)
先日ヨウカイというイベントでやらせていただきました。
色々準備したものの出力できなくて/(^o^)\先輩の機材を丸ごと借りてしまったのですが…!
主にL.O.GのDJたちのプレイ中にがんばったよ!

やってみた感想は これは楽しい
借りたソフトがとても直感的に使えるソフトだったのもあって(Fireflyというソフトです)
ほとんどPhotoshopをいじっているような状態。
動画素材にエフェクトをかけたり、レイヤーで重ねていろんな効果をかけたり、スピードをいじって印象を変えたり。
少ない素材でも、組み合わせ次第でイメージががらっと変わります。

いつもの絵を描くことに置き換えると、アナログイラストを描くときに近い感覚なのでびっくりしました。
絵の具がにじんだり、混ざったり、乾いて色が変わったり。
制作過程でそういった「予想できないこと」が起こるのがわたしにとってアナログイラストの楽しいところなのですが、
VJもそれにすごく似ている気がします。
素材が動画なのが自分の中で新しいし、音楽に影響を受けるのもおもしろい。
どんどん好きにいじって、やりたい放題やってみました。
自分の中で新しい風が吹いたかも。
いつも絵を描いたりデザインをしたりしていることと、相互にいい影響がありそうです。

そんなわけでワクワクしながらVJプレイ環境を整えるべくいろいろ調べています!
映像素材も自分で作って使いたいですし、
どんなことができるかすごく楽しみです。

f:id:mascottie:20130409120556j:plain

写真撮ってもらったけど自分の姿勢が悪すぎた…w
いつもの作業風景のようですw

 

というわけでVJ mascoもよろしくです!