読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流れるように流れない

イラストレーターます子の、考えたこと、気づいたこと

再発見

意識的に一人でいる時間を増やしてみたら、はっきりと世界が見えるようになった。
たくさんのことに悩んで、もともと少ない自信をさらにすり減らして、もともと悪い目を更に悪化させて、もともと偏った思考を偏らせていたことに気づいた。

誰かにすぐ話すのではなく自分でまずしっかりと抱えて、自分の身体の中で転がしてみた。
好奇心が戻ってきた。
一日一日が楽しくなった。

空いた時間を、「とにかく何かする」ことで埋めていたのを、「そのとき本当に自分に必要なこと、やりたいことをする」ようにしてみた。
まわりがよく見えるようになった。
より良く生きたいと思えるようになった。

迷うとすぐ何かを見て紛らわさずに、前よりちょっとだけ立ち向かうようにしてみた。
表現することは難しかったり苦しかったりするから楽しいと思い出した。

インスタントな感覚で言葉を世界にばらまくのをやめてみた。
自分の感受性を大切にしようと思えるようになった。
つくっていることがやっぱり一番かっこいいと再認識した。
不安は言葉にしないほうがいいときもあることを知った。

人に誉められたくて仕方がなかった。まず自分で評価するようにしてみた。
感情の波が少しゆるやかになった。
少し楽観的になった。少しいい意味で諦めた。

いろんな発見があったけれど
周りがどうこうではなく、わたしは作って生きていこうと思った。
生きること、作ることが自分の中で大切なものだと再確認できてとても嬉しかった。
たくさんのことが当たり前になってしまっていたことに気づいた。
絵を描くことも、Webを作ることも、仕事だけれど、わたしは大好きなんだ。
わたしは仕事が大好きなんだ。作ることが大好きなんだ。
ツンデレだったのかもしれない。

もっといいものをつくりたい。
世界の中での意味も、そのものの価値も、高いものを。
そのためにもっとつくりたい。
自分になにができるのかもっと知りたい。
なにができないのか知りたい。どうしたらできるようになるか知りたい。
新しい世界を見たい。
つくりたいものをどんどんつくって、「ほんとうに自分のつくりたいものはなんだろう?」って探したい。
その過程を楽しみたい。
どんどん挑戦したい。
動くものもつくりたい。音もつくりたい。言葉もつくりたい。

終わりがないな。楽しいな。