流れるように流れない

イラストレーターます子の、考えたこと、気づいたこと

デザインはどこにでも生きているからわたしはデザイナーをやらなくていい

f:id:mascottie:20160309170657j:plain

先日、仲良いデザイナーの友達と、夫と三人で話したとき。

「ますこさんはイラストレーターと名乗ることにして、デザイナーは名乗らなくてもいいんじゃない?」という話になったことがあります。

以前他の人にも同じようなことを言われたことはあって、イラストの仕事に集中した方がいいという意味だったので嬉しさもありつつ、わたしは「あーそうかなあ」みたいに答えた記憶があります。でもデザインもやりたい気持ちがあったので少し寂しい気持ちでした。

 

専門学校のときにWebデザイナーの友達から声をかけてもらって制作会社でデザイナーのアルバイトをはじめ、新卒でそのまま就職してから、何社かでデザイナーとして働かせてもらいました。個人的に依頼をもらってサイトを作ったり、自分の活動のためにサイトを作ったり。自分の活動のためのサイトはほとんど趣味みたいなものでしたが、

「どうやったら現状の問題を解決できるか?」「どうやったら関わっている人が幸せになれるか?」と一生懸命考えるのはつらいことも多かったですが幸せな時間でした。

 

冒頭の友達と夫の発言の意図は、

「あなたが人のために何かをつくるより、自分のつくりたいものをつくるほうが世の中のためになる」

ということなんだそうです。わたしのつくりたいものにそこまで価値があるかわからないと思ってしまいますが、よく考えると、人のためにと考えてはいたものの、本当に相手に寄り添えることなんてそうそうなかったように思えます。それでもわたしはデザイナーとして働くことが楽しかった。何回も失敗して、体をこわしておやすみもして、それでも戻ってきたのです。勉強も経験も全然全然足りなくて、いつも自分のできないことに打ちひしがれてきたけれど、作ったものを誰かに喜んでもらえるのはとてつもなく嬉しかったのです。

 

お布団でぽつりぽつりデザイナーとしての思い出を話していて、涙で鼻がつまってきたとき、

「でも他の仕事してたってデザインはできるよね。イラストだってデザイン。たとえば営業やったってデザイン。」

こういう言葉が出てきました。この文章を書いていることもデザインです。自分の明日を考えることもデザイン。ごはんをつくることもデザイン。デザインはどこにでも生きているんだなって思えたので、わたしはイラストレーターに専念しようかと思うのです。

 

わたしのデザインは、絶対に生かしていくから、だいじょうぶです。デザインはいつでもそばにいます。デザインのこと大好きです。