流れるように流れない

イラストレーターます子の、考えたこと、気づいたこと

梅雨のような、夏のような時期、やっと心が晴れてきた。

f:id:mascottie:20160620183424j:plain

精神科の先生に「(初診のときより)だいぶ落ち着いてきましたね」と言われ、ほんわか嬉しかった今日の診察帰りです。

 

暖かくなってきたせいか、通院+カウンセリングの成果が出てきたのか、ここのところずっと気分が上がっています。ちょっと上がりすぎるときもあって、もしや躁転したかなーなんて思っていたのですが、幸い特に問題となるような行動をするまでには至らず、全体的に底上げされたのだろうということになりました。

 

うつ状態がひどかったときに、「双極性障害の治療では通常使わないけどちょっとだけ使ってみよう」と半錠だけ飲んでいた抗うつ薬も減らすことができました。ほとんど影響しないくらいの量だったということではありますが。「これを減らせたのもいい傾向だよ」とお医者さんがほめてくれて、嬉しかったです。

 

とはいえ、以前よく相談させてもらっていたお友達が「薬を使って健康的な生活を送れるのであれば、減薬にこだわることはないと思う。」というようなことを言っていたことにすごく納得しているので、今は薬を飲むことに抵抗もないし、減薬できないと、という焦りもありません。それまでは薬を飲むこと自体がすごく不健康な気がして、いつも気分がどんよりしていたような気がします。

 

先日、久しぶりに会った知り合いに、「病気(障害)とすごく向き合っているね」と言っていただけたのも嬉しかった。積極的にカミングアウトして活動するようにしたことも、活動を制限されるどころか、可能性が広がっているように感じます。

 

眠すぎて悩んでいたこともあったけれど、たくさん寝て疲れがとれてきたのかもしれません。最近は、朝の目覚めがよくなったので、noteでも文章を書いていたりします。

 

note.mu

こことの使い分けとしては、ここは自分の考えを整理したりする、「自分のための文章」。noteでは、ここで考えたことや普段気づいたことなどを少しコラム的に、「誰かのための文章」として書いています。Twitterで配布してたスマホ壁紙カレンダーもnoteにまとめて落とせるようにしています。あっという間に、6月ももう後半。次のカレンダーを考えないとですね。