読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流れるように流れない

イラストレーターます子の、考えたこと、気づいたこと

自分だけの自分を見つめる、カウンセリングの大切な時間

f:id:mascottie:20170124172340j:plain

すごくお久しぶりになってしまいました。前回書いたときからあっという間に寒くなり、年が明け、2017年の1月も終わろうとしています。わあ!

 

わたしはといえば、毎日双極性障害Ⅱ型で上がったり下がったりしながら暮らしています。最近はお仕事の面でも充実してきて(ありがとうございます!)わたしにもできることがある、と嬉しさをかみしめながら絵を描いたりものをつくったりしています。

 

その中で、毎週(祝日・年末年始以外)病院の診察と、病院内のカウンセリングに欠かさず通っているのですが、色々と変化がありました。対話式の、いわゆる普通のカウンセリング(カウンセラーさんが話を聞いてくれながら、時折深く掘ったり、話題を振ってきたりする)から、自由連想法という手法に変わりました。

 

自由連想法という手法はカウンセラーさんに提案されてはじめて知ったのですが、カウンセラーも患者も楽にして、患者が自分の頭の中に浮かんだことをどんどんどんどん話していく、という手法です。

 

カウンセラーさんは目を閉じ、やさしい相槌をうちながら話を聞いてくれます。時折、わたしの話を聞いて思ったことを言ってくれますが、基本的には50分間、ほぼわたしひとりで喋っています。この手法に切り替えてからしばらくはなかなか慣れず、カウンセリングを終えた後不安になったり、癒されるどころか心が荒れたような感じになったり、おそらく副作用なのだと思うのですが、そんな困ったことも起きていました。

 

昔、人に教わったのですが、

「服薬はフタを閉める作業。カウンセリングはフタを開ける作業。」

なのだそうです。今その意味がだいぶわかってきました。

 

たくさん話をしてきて思ったことや学んだことはたくさんあるのですが、なによりも自分のことについてじっくりと考える50分は、今の自分には欠かせないものになりました。そこでふと、思ったことをツイートしたので引用します。

 

 

ポイントは「綿あめみたいに散り散りだった」というところです。苦しさがいろんなところにあったんです。仕事、恋愛、人間関係、自分自身のこと、暮らし…悩むことが散らばっていて、どこから手をつけていいのか分からないし、どこかがうまくいっても別のところがうまくいかなくなったり。全部それなりにできるみたいなところから程遠く、「完璧主義だよね」と言われるような白黒思考で散らばった問題たちに困り果てていて、人よりがんばらなきゃだめ(だと思いこんでいた)なのにがんばれない自分がとても嫌いでした。

 

苦しさが散らばっていると人にも頼りづらく、具体的に「これについて相談したい」という感じで言語化できることばかりではありませんでした。ただ自分がなにもできなくて辛い、がんばれなくて辛い、自分が嫌い、と泣いていることがほとんどでした。わたしを助けようとしてくれた人たちを、きっと困らせてしまっていたと思うし、今もまだそうだと思います。

 

大事なのは、「苦しくても、まとまっていること」なのかなあと今は思っています。苦しいことを主に言葉で表現できるところまでなんとかまとめる。そうしたらもやもや形の見辛い綿あめも、きゅっとまとまった飴になって、より色や形がはっきりします。自分にも人にも、わかりやすくなります。そうしたら、対処法も、活かし方も、見えてくるかなと思うのです。

 

最近カウンセリングでは、働くことについて、自分の女性性について、生活について、心の支えについて、これからの人生についてなどを話すことが多くなってきました。普通とは何か?わたしは普通でいたいのかいたくないのか、とか、最近見た夢の話をしたりもします。今のカウンセラーさんのことをとても信頼しているので、ほんとになんでも話しています。聴くプロにこれだけ話を聞いてもらえるのは、本当に貴重な体験です。

 

日々色々なことがあり、もちろん凹むこともありますが、少しずつ「今の自分でもいいのかな?」という感じで生きていけるようになってきている気がしますし「今の自分ってどういう自分だろう。たぶんこういう色ね、形ね、オッケー!そしたらこれできそうだし楽しそうだからやってみよう!」という発想も生まれるようになってきて楽しい時間も増えました。

 

 イラスト制作やデザインの仕事をしているのですが、haptic(ハプティック)という屋号で活動しています。hapticには「触り心地」という意味があって、見てくださる人をふわっと包み込むようなやさしい気持ちにしたいと思って名付けました。仕事も、人間としても、ふわっと余裕のある、やさしい形に成長していきたいな、と思う今日このごろです。そのためにも、必要なうちはカウンセリングをがんばっていきたいと思います。